胸を大きくする方法って?

胸を大きくする方法には、何がある?

小さな胸を大きくするためには、運動やマッサージなどの他にも色々な方法があります。

小さい胸を大きくする方法とポイント


49a5d017a1fdf61d41272e8a29c7ec5b_s

女性は胸が小さいことを他の人が考えるより深刻に考えている人が多いです。胸が小さいことで胸の大きな友人とプールや温泉などに出かけるのが嫌になったり、好きな異性ができても胸が小さいことがコンプレックスとなって自分に自信がもてなくなってしまうのです。

胸を大きくする方法には、食事や生活リズムを整えるなど、ほとんど費用もかからずにできる方法から、豊胸手術などのように膨大な費用がかかるものまで実に様々です。その中から自分の生活面や予算などにぴったりと合う方法が見付かるまではなかなか難しいものがあります。

ここでは小さい胸を大きくするための様々な方法や、ポイントなどを紹介し、胸が小さくて悩んでいる人たちが、自分に合ったバストアップの方法を見つける参考にしていただきたいと思います。

胸を大きくするポイントと方法について

胸を大きくすると言うと真っ先に思い浮かぶのは豊胸手術です。豊胸手術はいまや、形成外科や美容外科などで費用さえ支払えば手軽に行えるようになりました。

施術後は自分が満足する形の胸になっているのでコンプレックスもなくなります。しかし、費用が非常にかかることと、体にメスや異物を注入することなのでリスクが高いです。

リスクや費用を余り負担に感じたくない場合は日常生活面で胸が大きくなることにつながることを積極的に行っていく事が大切です。

成長ホルモンの分泌を妨げないように、ストレスを軽減させるためにも22時頃には就寝し、成長ホルモンをしっかりと分泌させる。

大豆イソフラボンで女性ホルモンと同じ働きをする成分を補給したり、女性ホルモンを活性化させるキャベツを摂取する。

胸を作るための材料となる良質なタンパク質を豊富に取るなどの工夫をして見ましょう。食べ物だけでは補給できない栄養素がある場合は、バストアップサプリなどの活用も効果があります。

着けるブラジャーにも気をつけなくてはいけません。胸を大きく見せたいからと、自分のサイズより大きなサイズのブラジャーを使っていると、ブラのカップの中で胸が垂れてしまい大きくなることができません。

店員さんにしっかりサイズを測ってもらい、自分にぴったり合ったブラジャーを着用するようにします。

姿勢も見直してみましょう。猫背にはなっていませんか。姿勢が悪くなると胸の筋肉が落ちたり、胸周辺の血行が悪くなったりして、胸がしぼんでしまうことがあります。

常に胸を張ることは難しいことですが、胸が小さくて悩んでいる人は、意識して胸を張る姿勢をとってみるようにすると良いです。

このようなことに気をつけながら、胸を大きくするマッサージやエクササイズなどを行っていれば、時間はかかっても費用はかからずに胸を大きくする事ができます。

胸を大きくする食べ物について

バストアップさせるためにはいくつもの方法がありますが、より効果的にさせる方法として、食事の見直しがあります。

食事で胸が大きくなると聞くと、それならもう大きくなってもいいのではないかと思う人もたくさんいますが、胸を大きくするための食事にはポイントがあり、そのポイントをしっかり抑えていなければ効果がなかなか得られないのです。

女性が女性らしい体つきになるためには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが関係しています。しかし、エストロゲンそのものを補給できる食べ物はありません。

そこでエストロゲンと同じ働きをする成分の含まれた食べ物を摂取するか、エストロゲンの作用を活性化させる働きをする食べ物を積極的に摂取する事が必要です。

女性らしい体つきを維持しつつ、小さな胸を大きくする食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。食材の持つ性質等も抑えつつ紹介していきます。それらの食材を積極的に取り入れ、あこがれの大きな胸を手に入れましょう。

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

これを食べると胸が大きくなる?驚きの食材!

胸を大きくするポイントは女性ホルモンであるエストロゲンです。しかし、食材の中でエストロゲンを直接補給してくれるような食材はほとんどありません。

そこで注目を浴びているのが、エストロゲンと同じ構造や働きを持っているといわれている大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは、大豆のみならず、味噌や納豆、豆腐など大豆を使用した商品に多く含まれています。

様々な料理に活用できる食材ばかりであるため、毎日積極的に摂取する事ができます。女性ホルモンの働きを活性化させる食べ物としてタンパク質が上げられます。

タンパク質は様々な食べものに含まれていますが、その中でも注目したいのは大豆製品です。大豆製品のイソフラボン効果と、タンパク質の効果が相乗効果を生み、胸を大きくする働きを強くします。他に、鶏肉などにも良質なタンパク質が含まれています。

バストアップにはキャベツのサラダがいいという話がありますが、これはキャベツに含まれるボロンという成分が女性ホルモンの働きをサポートすいる働きがあることから注目されていますが、ボロンは熱などに弱い性質を持っているため、加熱しないで生のまま食べる必要があるので注意しましょう。

胸を大きくするためには体の代謝を上げることも大切です。代謝を上げることで冷えを防ぎ、血流の改善を図るのです。

代謝をアップさせるためにはニンジンやにんにく、レンコン、ごぼう、たまねぎなどの根菜類や地下茎野菜が有効と言われています。これらをふんだんに使用した食事を食べることで、胸が大きくなるサポートをしてくれます。